生命保険の必要性について

"今まで6年間ほど、生命保険の仕事にかかわりました。
生命保険を営業するのは、実際とても難しいです。
商品を見せて売るというわけではないので、目に見えない物を販売する事の難しさで、何度も落ち込む事がありました。
何かあった時に必要という事はわかっていますが、その何かが起こるか起こらないかは、誰にもわかりません。
そういった商品を人に勧めるというのは、かなりの説得力が必要です。
そのために、いろいろな資料を提示して説明します。
そういった努力が報われ、加入してくれた顧客の人が、入院した時など、手続きに伺うと、入っていて良かったと言われます。
その言葉を聞くと、勧めておいて良かったと自分でも納得できます。
今は、もう生命保険の仕事は辞めてしまったので、生命保険とは無縁の生活を送っています。
それでも、自分の家族達は、子供も含めて生命保険に加入しています。
長い人生、何があるかわかりません。
何もないことを祈りつつ、お守り代わりに加入しています。"

CmsAgentTemplate1001-1005 ver1.008